顧問料金の悩み

個人事業主にとっては税理士の月々の顧問料は結構な出費になります。
税理士料金の相場というと月額2万円から3万円程度が相場です。
さらに決算時には15万円くらいの費用がかかりますので1年で40万くらい支払っていくことになります。これは普通の個人事業主だとちょっと痛い金額だと思います。
税理士をつけて節税したとしても払う費用のほうが大きくなってしまいます。

また、税理士のことや業界のことに疎いひとだとどのくらいだと高くてどのくらいだと安いのかということもあまりわかっていない可能性があります。

もう廃止されているのですが、平成14年までは税理士会が報酬を規定していました。その規定額について確認してみましょう。

まず、税務顧問報酬です。これは所得の額によって決まってきます。所得税が200万円未満であれば月額2万円です。500万円未満なら月額4万5千円。2000万円未満ならば月額7万5千円。5000万円未満であれば月額9万5千円ということになっていました。

稼ぎが多ければ多いほど支払う報酬も高くなってきます。
これは税務代理報酬などに関しても同じです。
さらに会計顧問報酬や記帳代行報酬、決算書類作成報酬などもかかってきます。売上が全て持って行かれそうな額ですよね。
最近は税理士事務所間での競争も激しくなってきていますので料金を安くして顧客を獲得しようとしている所も多いです。
料金に納得できて相性もいい税理士を探すようにしましょう。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。