ボッタクリにあわないように

税理士を雇うのはとても高いというイメージがあります。しかし、個人事業主相手には料金もその分安くなっていることも多いです。
良心的な価格で請け負ってくれる人もいれば、中にはぼったくりと言わざるをえないような料金をとっている税理士もたくさんいると言われています。

最近はインターネットでなんでも調べることができますのでまずは税理士の顧問料の相場について調べておきましょう。相場料金を知らないと後から痛い目にあってしまいます。
電話帳などで適当に調べて契約するなんていうのは後悔する可能性が高いです。

ただし、本当に優秀だからこそ月額の顧問料を高く設定している人もいます。優秀な人が格安料金で顧問契約をしていたらそれこそお客さんが殺到してしまってサービスの質が低下することになってしまいます。
ですから、そのようなことを避けるためにも月額顧問料を高額に設定していることも考えられます。

また、税理士に何を求めているかによって契約する税理士のグレードも変わってきます。
特に普段から頻繁に指導してほしいわけでもなく、ちょっとした節税の相談に乗って欲しいという人や困った時だけ助けて欲しいという人、自分で出来る範囲のことは自分でやろうと思っている人などはそんなに高い税理士を雇う必要はありません。
サポート内容によって柔軟に対応してくれる人を探すのがいいでしょう。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。